コワーキングスペースとコワーキングができるスペース

 実際にコワーキングスペースに行ったという人でも、普通に営業しているときに行ってみたという人とコワーキングスペースを開きたいと思って行ってみたという人、コワーキングスペースでトークセッションとかセミナーとかのイベントを開いていたから行ったという人で、持っている印象に対して違った印象を持っているのかなと最近よく思う。ニュースの記事で見たという人は、その良さの断片断片になってくるのだろうけど。私はニュースの記事から実際に確かめたいと思って通常営業の日に行ってすごい!と感じた人間なんだけど、復興支援に携わる人間とかだとイベントがあって初めて行ったという人が多いから、コワーキングスペースに持つ印象とかは私のよりも丸っきり違うのだろう。むしろ私のような人間のほうが極少数だと思う。そのあたりの認知の違いが、コワーキングスペースをどう体験しているかとかどう判断しているかとかで差が出ててしまって、説明すると「あれ?」ってなることが多いんだよね。
 盛岡にもコワーキングスペースでやっているようなイベントをするコミュニティカフェはできてきたけど、そこで私がコワーキングスペースで体験したことをやったとすると、周りからはうざがられるというかそういうことをカフェでやんないで!って注意されると思うんです。それで注意をしたカフェのオーナーさんには、ここはコワーキングできますなんて二度と言うな!と言い返しますよ。その位、コワーキングスペースとコワーキングスペースみたいなことができるスペースとは違うんですけど、まだまだ勘違いしている人が多い感じがするのです。
 コワーキングスペースと聞いて、同じ仙台でも最初にcocolin行った人とソシラボやクラウドガーデンに行った人でも印象が違うし、徳島のように総合的なスペースがある県とそうじゃない県とでも、印象は丸っきり変わってくる。本当に環境や刺さった印象で、同じコワーキングという言葉でも、がらっと変わるのも強いから、しっかりしたコワーキングの基本のやり方とか伝えられればなぁとは思うんですよね。

まずは下のメールフォームでご連絡ください!

メールやSNSであれば確実です。

 

adless : 岩手県盛岡市大沢川原3-1-1 東ビル1階
tel : 080-9076-2050 [Skype:yukiqawa]   (代表 川村)

mail : como0443@gmail.com , siscs@hotmail.co.jp
twitter name : coworkinmorioka
facebook : https://www.facebook.com/comolabo

 

メモ: * は入力必須項目です

Kazuyuki Kawamura

@coworkinmorioka